児童がライフセービング学ぶ~若狭和田海水浴場

2018-8-6
海と日本PROJECT in ふくい

子供たちに海の事故から身を守る知識を学んでもらおうと、高浜町の若狭和田海水浴場で4日「ジュニアライフセービング教室」が開かれました。この教室は、子供たちを対象として、日本ライフセービング協会が水難事故防止を目的に、全国各地の海水浴場で毎年開催しているもので、県内では初めて開かれました。県内外の小学生約50人が参加し、ライフセーバーから指導を受けながらライフジャケットをつけて体を浮かせる方法や輪になって救助を待つ方法などを体験しました。参加した子供たちはニッパーボードと呼ばれる乗り物も体験し安全な海の楽しみ方も学んでいました。

関連リンク

ページ上部へ戻る