お知らせ
2024.04.26

140キロの大物も! クロマグロ5本を水揚げ 小浜漁港

25日朝、重さ100キロを超える大型のクロマグロ5本が、福井県小浜市の小浜漁港で水揚げされ、港は活気に包まれました。

春は「脂の軽やかさ」を楽しんで!

  1. 大物マグロがずらり!
  2. 引き締まった身!

小浜漁港に水揚げされたのは、

重さ100~140キロのクロマグロ5本で、

25日朝、おおい町大島の定置網にかかりました。

港を訪れると、

立派なマグロがずらりと並べられていました。

クロマグロは、

冷たい海水から身を守るために脂が乗る冬が旬ですが、

この時期はあっさりとした味わいが特徴で、

「脂の軽やかさ」を楽しめるそうです!

 

複数水揚げは1年ぶり!

  1. クロマグロは産卵期
  2. 誰の胃の中へ…

福井県漁連小浜支所によりますと、

100キロを超える複数のマグロの水揚げは、

2023年4月に小浜の定置網で揚がって以来1年ぶりで、

2024年に入ってからは初めてだということです。

県漁連小浜支所の担当者は、

「産卵期に入り、大型のクロマグロが若狭湾に回遊している」

と話していました。

マグロは入札にかけられ、東京・豊洲や京都に出荷されます。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 
お知らせ
2024.07.19

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場
お知らせ
2024.07.19

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場

ページ内トップへ