お知らせ
2024.02.26

【海のキッズサポーター】やまちゃんが若狭の海の恵みを学ぶ!

海への強い探求心を持つ小学4年生から中学3年生までの子どもたちでつくる「海のキッズサポーター」。
今回はやまちゃんが小浜市で開催された「若狭!さば学習会」に参加!
学んだことをレポートしてくれました。

さば学習会に参加!

  1. さばには色んな種類があってびっくり!
  2. 田島アナの説明が分かりやすかったです
  3. お昼ご飯はさばづくし!

 学習会1日目は、朝の小浜漁港に集合しました。まず所長さんからお話を聞き、昔は多くの魚がとれていたのに、最近は量が減ってしまっていると分かりました。普段食べているサバも、小浜ではなくノルウェーでとれたものが多いと知り、驚きました。

 次は「若狭おばま食文化館」に移動して「鯖街道」の歴史を学びました。小浜のおいしいサバが京都まで届けられていたことを知り、うれしい気持ちになりました。

 このあと、養殖について学びました。サバを育てるためには、しっかりとした温度管理やきれいな海が大切だと分かりました。昼食に出たサバのなれずしがおいしかったです。

若狭の海って本当に豊か!

  1. この日はシイラも大量!
  2. 若狭の魚が京の都に運ばれていたそうです!
  3. こんなに大きなカジキにも出会いました!

 2日目は、新しい情報通信技術を活用したサバの養殖を学びました。センサーを設置してデータを集めることで、エサの食べ残しを減らし、海が汚れにくくなると分かりました。

 学習会では、サバについてたくさんのことを学び、地域の海への興味がさらに深まりました。サバなどの水産資源を守るためにはきれいな海が大切だと分かったので、今度は海の環境を守る活動にも挑戦してみたいと思います。

【海のキッズサポーター】やまちゃん

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 
お知らせ
2024.07.19

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場
お知らせ
2024.07.19

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場

ページ内トップへ