お知らせ
2024.03.12

全国初!ミズダコ専用の展示施設オープン

3月16日の北陸新幹線福井開業に合わせ、

福井県内では多くの観光地で磨き上げが佳境を迎えていて、

坂井市にある越前松島水族館も新たな施設をオープンさせました。
        
その名も「みずだこ館」。

国内の水族館で唯一となる、ミズダコ専用の展示施設です。

成体と幼生を展示

  1. 新たにオープン
  2. 世界最大のタコ!
  3. かわいらしい幼生の姿

ミズダコは、大きいもので体長3メートル以上、重さ40キロ以上にもなる世界最大種のタコで、

この施設では、成体8匹と浮遊期幼生数百匹が展示されています。

越前松島水族館では、以前からミズダコのふ化・飼育に取り組んでいますが、

ふ化後の飼育は難しく、全国的にも成功例がないとされています。

飼育員は「ミズダコは福井でもとれていて、福井の生き物として紹介したい」と話します。

 

ミズダコに触れられる!

  1. 壁にも巨大なタコが
  2. 吸盤も大迫力!
  3. 担当飼育員も期待

施設の中には大きなタコが描かれいて、その足の先に生きたミズダコを展示。

成体のミズダコは触ることができ、いまだ謎の多い生態について直接触れて学ぶことができます。

越前松島水族館では「実際に触ってもらって、どんな生き物か感じてほしい」と期待しています。

オープンしたばかりのミズダコ専用展示施設。

全国唯一のスポットに、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 
お知らせ
2024.07.19

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場
お知らせ
2024.07.19

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場

ページ内トップへ