お知らせ
2023.10.20

国際クルーズ船4年ぶりに敦賀港に寄港!

国際クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスが、4年ぶりに敦賀港に寄港しました。
外国客約2700人が県内や滋賀県の観光地に繰り出しました。

全長290m!豪華クルーズ船が敦賀に!

  1. 寄港は4年ぶり!
  2. 旅客は書道や昆布すき体験を満喫
  3. 敦賀市・米澤市長

ダイヤモンド・プリンセスは、イギリス船籍の豪華客船で全長290メートル、乗客は約2700人、

10日間で日本と韓国を巡ります。

コロナ禍の2020年には、船内で集団感染があり寄港が中止となったため、

敦賀港の入港は4年ぶり5回目で、市民の歓迎を受けた乗客らは、県内外の観光地へと向かいました。

もてなし拠点の一つとなった敦賀市のきらめきみなと館では、折り紙や書道、昆布の手すき体験のほか、初めて富裕層を意識した伝統工芸品の販売をしました。大勢が興味を示し好評を博していました。

一方、市内の商店街でも、大勢のクルーズ客が街歩きを楽しんでいました。

敦賀港は2022年・無人運航船が出航した港(敦賀→境港)

営業コンテナ船としては世界初の成功となりました。

古くは北前船の寄港地として栄えた敦賀港、いつの時代も船は人と文化を

運んでくれる大切な存在ですね!

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 
お知らせ
2024.07.19

能登半島地震で避難のウミガメ 半年ぶりの“我が家”「のとじま水族館」へ 

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場
お知らせ
2024.07.19

「目が丸くてかわいい!」道の駅に「タツノオトシゴ」登場

ページ内トップへ